あなたは身体の力を抜くことができますか?

こんにちは 塩尻市のパーソナルジム Studio Zero Gravityトレーナーの筒井です
今回は、意外と難しい身体の力を抜く方法をお伝えします

今まで、数多くのスタジオ教室を担当する中で、力を入れることはできても、逆に力を抜くことができない方が多いことに気づかされます
筋肉の過緊張は、血流が悪くなり肩こりや腰痛につながります

身体の力を抜くことは、ストレスを解消し、心身のリラックスを促進する重要な方法です。日常生活では、仕事や家事、人間関係などのストレスが溜まりがちですが、適切な方法で身体の力を抜くことで、心地よい状態を保つことができます

脱力が難しくなる理由とは

脱力、つまり筋肉を緩めることやリラックスすることが難しいと感じる人が多い理由はさまざまですが、その中でもよく見られる理由は。。。

  1. ストレスや緊張: 日常生活や仕事、人間関係などでのストレスや緊張が、筋肉の緊張を引き起こすことがあります。これにより、身体が常に緊張状態にあり、脱力が難しくなります。
  2. 姿勢の問題: 悪い姿勢を維持することが習慣化されていると、特定の筋肉が過度に緊張しやすくなります。これにより、脱力が難しくなります。
  3. 運動不足: 運動不足は筋肉の強張りや硬直を引き起こす可能性があります。筋肉が弱くなると、正常な緩みや脱力が難しくなります。
  4. 神経系の問題: 神経系の異常や障害が筋肉の過剰な緊張を引き起こすことがあります。これにより、脱力が難しくなる場合があります。
  5. 習慣化された行動: 長期間にわたって身体を緊張させる習慣があると、筋肉の緩みを感じることが難しくなります。例えば、スマホの使用や長時間のデスクワークなどが該当します。
  6. 身体的な不快感: 筋肉の緊張や痛みがある場合、脱力をすることが難しくなります。身体の不調や痛みが脱力を阻害する要因になることがあります。

効果的な方法4選

  1. 深呼吸を行う: 深呼吸は、ストレスホルモンの分泌を抑制し、リラックスモードに切り替えるのに役立ちます。数回の深い呼吸を通じて、身体の緊張を解き放ちましょう。
  2. プログレッシブ・マッスル・リラクセーション(P.M.R): P.M.Rは、筋肉を緊張させてからリラックスさせることを繰り返すことで、全身の緊張を解消します。この方法を定期的に行うことで、身体の力を抜く習慣を身につけることができます。
  3. ストレッチを行う: 筋肉を伸ばすストレッチは、身体の緊張を緩和し、柔軟性を向上させます。特に、肩や首、背中のストレッチは、デスクワークなどで緊張しやすい部位を解放するのに効果的です。
  4. マインドフルネス瞑想を実践する: マインドフルネス瞑想は、今この瞬間に意識を集中することで、心身のリラックスを促進します。瞑想のプラクティスを通じて、日常生活でのストレスに対処する能力を高めましょう。

これらの方法を日常生活に取り入れることで、身体の力を抜く習慣を身につけることができます。ストレスや緊張が溜まったと感じたら、少しの時間を取ってこれらの方法を試してみてください。自分自身をリフレッシュし、健康な生活を送るための第一歩となるでしょう。

今回は、上記で紹介した内のP.M.Rを簡単に1分間でおこなう方法お伝えしますね ぜひやってみてください!

エクササイズ紹介

  1. 床に仰向けで寝ます
  2. 軽く手に握り、グーの形をつくります
  3. 全力の7割ぐらいの力で、肩をすくめて、手をぐーっと握ります(5秒間)※呼吸は止めない
  4. その後一気に力を抜きます(10秒間)
  5. 上記を4回繰り返す(15秒×4回=1分間)

いかがですか?とってもシンプルですが力を抜くには、まず力を入れる!そこから脱力することで、力が抜けている感覚がわかってきます!

Studio Zero Gravityでは、身体がラクになるエクササイズを他にも提供していきます

塩尻市のパーソナルジムStudio Zero Gravityへぜひ体験にお越しください!